Steam

2020年06月30日

2020年Steamサマーセールおすすめゲームその3 ~Europa Universalis Ⅳ編~

 今回紹介するのはRTS(リアルタイムストラテジー)というジャンルの中でも、歴史RTSゲームの老舗、Paradox InteractiveのRTSゲームの王道タイトルの一つであるであるEuropa Universalis Ⅳ。わざわざ紹介するまでもないほどの知る人ぞ知る有名作品なのだが、初めてParadox社のゲーム(以下パラドゲーと称す)に触れようとしている方にとっては膨大なDLCが発売されていたり、そもそものゲームシステムの複雑性からとっつきにくさを感じているのではないか。
 この記事では、DLCのおすすめを紹介し、日本語への対応状況などををまとめる。この記事がこれからEU4を始めようという方にとって少しでも助けになれば幸いである。



Europa Universalis Ⅳ、通称EU4は、1444年から1821年に存在したすべての国家でプレイすることができる。このプレイ期間内に存在したあらゆる国家をプレイすることができるというのは、パラドゲーの歴史SLGの大きな特徴だ。
 さてこのEU4、本体価格はセール時は80%オフの796円と、プレイするだけならば随分手頃に手に入るように思える。しかしながらストアページを見るとすぐに、膨大な量のDLCが発売されており、全て購入すると1万円近くかかってしまう。果たしてこのDLC、買う価値はあるの?というのは初めての方にとって大きな疑問となるだろう。結論から言うと、本体を買って、もしハマってしまえば、いつの間にか買っている。1万円近いDLCがいつの間にか全て購入済みになっている。それほどこのEU4というのは電子ドラッグ的な時間泥棒ゲーであり、ハマる人はとことんハマり、ハマってしまえばDLCなどいつの間にか全て買ってしまうのだ。

●DLCについて

 さて普通であればこのような多くのDLCが発売されているゲームは、まずは本体だけ購入し、試しにプレイしてみて面白ければDLCも買おうというのが定石であるが、厄介なことにこのゲーム、DLCを導入するごとに大幅にシステムが変わり、また様々な便利機能などもDLC特典として導入されるので、いざプレイしてみると、早速必要となる、もしくはプレイスタイルによってはほぼ必須ともなるDLCも存在するので非常に厄介なのである。
 そこで、DLCの中でも特に重要であると思われるものをいくつか紹介する。

・Art of War
 軍の部隊のテンプレート機能によってワンクリックで登録した数の兵科によって部隊を招集することが可能となる。戦争面では手放せない機能であり、あるとないとではかなりプレイ効率が変わってくる。その他にも、様々な戦争の便利機能や、近世ヨーロッパの一大イベント、30年戦争のイベントの追加など、ヨーロッパプレイをますます楽しめるものにもしてくれる。

・El Dorado
 未知領域を自動で探検してくれる機能が備わっている。この自動探索機能も、あるとないとではかなりプレイ効率が変わってくるので、特にポルトガルやスペイン、イングランドといった大海原へと漕ぎ出す国家でプレイするのならば、必須レベル。また、ゲーム開始画面にて、オリジナル国家を作成することができる。

・Mandate of Heaven
 日本を含めた東アジアプレイに焦点が置かれている。EU4では、もちろん日本(1444年開始時は戦国時代直前のため諸国分裂状態)でもプレイする事ができ、馴染み深い日本でプレイしたいという方も多いのではないだろうか。そんな方にとっては、日本における幕府システムの拡張などが含まれているこのDLCはかなり優先度が高くなるだろう。また、中華帝国(1444年開始時には明王朝)に関する大幅な拡張もあり、朝貢システムによる東アジアにおける中華帝国の存在感を体感する事もできる。
 またAge(時代)システムによるそれぞれの時代区分の追加とその時代に応じた目標を達成することによって様々なボーナスや、50年間に渡る黄金時代という強力なボーナスを発生させる事も可能。

・Rights of Man
 上位8カ国による列強システムが追加される。列強は様々なボーナスや外交コマンドの追加など、より大国としての影響力を行使する事が可能となる。

・Comon Sence
 議会制国家へのアップデートや、様々な宗教の機能の追加など、あればより楽しめる。またdevelopポイントによって自国の等級を公国から王国クラス、帝国クラスへと変更することができる。

・Dharma
 インド諸国をターゲットにしたアップデートであるが、政体システムの抜本的変更によって、政府改革のシステムがより複雑なものとなる。また、いくつかのプロヴィデンスに存在する「交易中心地」と呼ばれる場所のレベルを上げることができるようになり、交易プレイにより深みがますだろう。

・The Cossacks
 外交システムのアップデートが目玉。その他にも細々とした便利機能の追加などもありおすすめ。また歴史上様々な国家に影響を及ぼした遊牧民国家に関する大幅拡張なども特徴。

 さてEU4のDLCは手放せないほどの重要性を持つDLCからあれば便利という程のDLCまで様々であるが、上記に挙げたDLCは購入するとよりプレイに深みが増し、楽しめるだろう。

 なお、近日EU4のver1.30の大型アップデートに伴い新DLC、「Emperor」が発売された。追加要素はヨーロッパを中心としたものであり、18世紀の革命についてのシステムや、神聖ローマ帝国に関する大幅な追加がされている。初めてプレイする方にとって必須というほどではないが、ヨーロッパプレイを行う方にとっては、あれば嬉しいDLCであろう。

●日本語化について
 このEU4、公式には日本語に対応していない。その為長らく英語プレイが必須でありハードルが高かったのだが、最近有志の方々によって日本語化が可能となった。
 日本語化の方法については、下記のURLから日本語化プロジェクトのページへ行くことができ、丁寧に導入方法が解説されているので、安心して日本語プレイを楽しんでほしい。

EU4/CK2日本語化MODプロジェクト
https://paradoxian-japan-mod.com/


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 23:01|PermalinkComments(0)

2020年06月29日

2020年Steamサマーセールおすすめゲームその2 ~宇宙編~

steamのおすすめゲーム紹介。
今回は宇宙編と題し、宇宙に関するゲームを2つ紹介したい。

●Universe Sandbox

 これはゲームというよりもシミュレーターに近いかもしれないが、宇宙そのものを舞台とし、サンドボックスとして自由気ままに遊ぶことが出来るという点ではまさに神の視点のゲームとも言えるであろう。
 惑星や衛星、恒星やブラックホール、果ては銀河までもを自由に配置し、天体同士を衝突させるも良し、また自分だけの架空の太陽系を作り出すも良し。木星の衛星となった地球の表面から見る木星が天に昇る姿などは、まさに圧巻である。さらには水や有機物を発射し惑星の気温を調整し、火星を生命の居住可能な水の星にすることもでき、はたまたレーザーを発射し惑星に落書きまでできてしまうというなんとも壮大ながら自由度の高いゲームとなっている。
 インターフェイスは日本語にも対応しており、チュートリアルやデフォルトで用意された様々な宇宙のモデル、更にはワークショップから有志の作った宇宙をサブスクライブして楽しむことも出来る。

●Space Engine
 
 1/1スケールで再現された壮大な宇宙を飛び回るこのゲーム。前述のUniverse Sandboxと似たような印象を受けるかもしれないが、こちらも「宇宙ヤバイ」を存分に体感できるゲームとなっている。
 地表から飛び立てば、実在する天体は全て再現された宇宙に繰り出せる。太陽系はもちろん、銀河系から更に光速を超えて他の銀河へ飛び出し、発見されていない未知のエリアには自由生成された天体が配置されており、宇宙のどこかにある地球に似た大気と水のある星を探したり、銀河の中心の巨大ブラックホールを目指すなど、楽しみ方はまさに宇宙レベル。個人所有できるプラネタリウムと言っても過言ではない。
 Steamで購入できるバージョンは日本語に対応している。なおこのゲームがSteamに登場したのは最近であり、元はフリーソフトであった。現在(2020年6月現在)も開発元のサイトから過去のバージョン(日本語には非対応)を無料でダウンロードすることも出来るため、気になった方は試しにダウンロードしてみるのも良いだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 23:00|PermalinkComments(0)

2020年06月28日

2020年Steamサマーセールおすすめゲーム 

●Cloudpunk

多くのゲーマーにとって期待度大であろうAAAタイトル『Cyberpunk 2077』
しかし先日またしても発売延期が決定。一刻も早くあのネオンのサイバーパンクの世界に足を踏み入れたいゲーマーも多いのでは。
そんな人におすすめするのがこの『Cloudpunk』
きらびやかなネオンに彩られたサイバーパンクなマップを運び屋としてスカイカーで駆け抜け、さらには車から降りて町並みをTPS、あるいはFPS視点で堪能できる満足感はお値段以上のもの。
ストーリーをこなしきらめく大都市の裏に触れるも、サイドミッションをこなして一流の運び屋になるも良し。
日本語にも対応しているおすすめの一品。

●Drug Dealer Simlator
タイトルからしてなんともディープでアンダーでイリーガルなゲーム、『Drug Dealer Simulator』
しかし裏社会もののドキュメンタリーや映画がお好きな方は、もちろん現実には法を犯すつもりはないけど、ちょっとあんなアンダーグラウンドな世界を体験してみたい…なんて思ってる方もいるのでは。
そんな方におすすめなのがこのゲーム。
いかにも治安の悪そうな雰囲気抜群のスラムのアパートの一室を拠点にヤクを仕入れ売りさばく、ガサ入れにはご注意を。
ストアの言語対応覧には日本語非対応となっているが、実は日本語に対応している点もGood。(やや機械翻訳感は否めないがプレイするには支障なし)
こんなゲームやってて警察の人に目を付けられないかしらとちょっとビビりな筆者である。ゲームだからね!

●Workers&Resources: Soviet Republic
計画経済の元に、共産主義都市を築き上げるやや異色の街づくりゲーム。
都市を作り、様々な資源を採掘し、工場で加工し、製品を輸出し、やがては輸入に頼らない完全な自給自足の国家にすることも出来る。
現在アーリーアクセスだが、定期的にアップデートが行われ要素が追加されている成長中の良ゲーム。つい最近はウランと原子力発電所なるものが実装されました。(2020年6月現在)
とにかく細かいところまでマネジメントができる点は人を選ぶ部分かもしれないが、隅から隅まで人民を管理したい!という同志には大満足のゲームだろう。
街づくりゲームとしては少々クセが強く、やや難易度も高くて、様々なシステムに慣れが必要ではあるが、資金無限モードや各種のマネジメント簡略化設定(電力の供給不要など)があるので安心。いくらでも壮大な実験を行おう。
日本語にも対応。(最近追加された要素などには一部未翻訳部分もあるがプレイには大方支障なし)

~おまけ~(セールの対象外ではあるがおすすめのゲーム)
Cliff Empire

核戦争で荒廃した地球で、かろうじて居住可能な崖の上に人々を入植し、都市を築く街づくりゲーム。
このゲームの売りはなんと言っても美麗なグラフィックによる摩天楼の美しさだろう。
白色を基調とした建造物は美しく、夜景の美しさも、思わずスクショをとって壁紙にしたくなるほど。一人称視点モードで街を歩ける点も良い。
崖の上の限られたスペースになるべく効率よく敷き詰め限られた資源と資金をやり繰りするのが基本だが、資金無限モードや、まっ平らな広いマップで街づくりを行うサンドボックスモードも搭載されている。一方襲撃してくるアウトローを撃退するタワーディフェンスモードも搭載されており、様々な遊び方が出来るだろう。
また栄誉ポイントと呼ばれるミッションをこなすことによって得られるポイントで、軌道上のスペースコロニーでの拡張や、崖の下のクレーターでの街づくりも行えるようになる。
日本語対応。



このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 13:22|PermalinkComments(0)