萌え

2020年07月14日

「萌え」の構造 ~「萌え」の対象物と感情内容~

萌えとはなにか?「萌え」感情の構造論


「萌え」とは俗語として現代に生まれた感情の表現方法である。
 Wikipediaの「萌え」の記事の定義を見る限り、
「対象物に対する”狭くて深い”好意」という意味を含み、それよりは浅くて同種の感情を表す「好き」という言葉を使うのにふさわしくない場合に用いられる。
とある。

 筆者が考える限り、上記の定義に則るならば、「萌え」とは、「かわいい」や「好き」と言った感情よりはより具体性を伴った、類型性が見いだせる感情であると考える。
 この記事では「萌え」を構造的に分析し、一定程度の定義付けを行うことを目指したい。


対象物:「キャラクター」に対する愛情としての「萌え」


 日を追う毎にますます広い対象物に用いられるようになった「萌え」という言葉に対して、筆者なりに考えたのは、「萌え」という言葉が用いられる対象は、何らかの「キャラクター性」を伴っているという事である。
 ここで、この記事における「キャラクター性」とは何かを定義しておかなければならない。「キャラクター性」とは、擬人化、デフォルメ化、アイドル化によって見いだされた「主観的(に見いだされる)人格像」であり、「客観的非実在人格像」とも言える。

 ここで「萌え」という言葉が使われる対象についてまとめてみる。一つに、アニメまたはゲーム等の創作物に対するキャラクターという「仮想的人格」である。これは分かりやすいであろう。つまり創作物の「主観的人格像」を対象としており、「キャラクター」が包括する要素に対して「萌え」という言葉が使われる。
 第二に、実在する人物、例えばアイドルなどに代表されるのだが、そういった存在に対しても、「萌え」という言葉が使われる事がある。実在する人物の「キャラクター性」とは、「客観的非実在人格像」である。いわば「半仮想的人格」である。つまり客観的に見れば、アイドルというのは、一種の「キャラクター」であり、一応断っておくならば、もちろんアイドルファンはアイドルの「キャラクター」を超えて、いわゆる「素の人格」をも愛する事はあるのだが、全体として総括すればそこには一定の客観的な被造的、仮想的人格である「キャラクター性」が含まれているのである。
 第三に、無機物に対する「○○萌え」という用法が挙げられる。代表的な例を上げるならば「工場萌え」である。これは一定程度の対象の擬人化と対象そのものが持つ本来的な特徴とが入り混じった形の「キャラクター性」であると考えられる。対象の持つ「機能美」と「主観的人格像」が入り混じった好意であるとして捉えると分かりやすいかも知れない。

 つまりそうした「キャラクター性」を帯びた存在に対して使われる感情の表現が「萌え」なのではないかということである。付け加えるならば、「萌え」という言葉を使う側も、一定程度の認識の上でその「キャラクター性」の仮想性、「主観的人格像」性を認めており、実在する人物のそのままの人格にたいして用いる好意である「好き」とか「愛」という感情とは、また違った形の感情であることを認めた上での表現が「萌え」だということである。

 さらに言えば、「萌え」の対象である「キャラクター性」とは一定程度「デフォルメ化」されている、という点も挙げられる。デフォルメとは、意図的にある部分が誇張、強調化、または簡略化する手法であるが、多くの場合、「キャラクター」とは何らかのテーマ性を持って、強調される部分と簡略化される部分がある。
 本来「人間の人格」とは、様々な相反する要素が並立し、時には矛盾すら見られる形で構成される複雑で分かりにくいものであるが「キャラクター」の場合は、その人格に一定程度の主題性をもたせ、強調すべき所を強調し、はっきりと分かりやすいものにするということがある。そういったデフォルメされた「キャラクター性」に対する感情表現に特有なのが「萌え」なのではないかという事である。

感情内容:疑似恋愛あるいは理想主義の体現


 さて、「萌え」という言葉が使われる対象についてまとめたところで、次は「萌え」という言葉に含まれる感情について考える。これは前述の対象物のように類型化することは難しい。「かわいい」とか「好き(likeである場合もあるが概してlove)」とかあるいは純粋な好意といった感情が様々に入り混じった感情であるからである。

 あえて特徴づけるとすれば、多くの場合対象物に対する「疑似恋愛(疑似関係)性」という特徴がある。つまり、「主観的人格」を認めた相手を恋愛または自己との関係対象に見立てて、「キャラクター性」故に無差別に振りまかれる好意を受け取って自身と対象を結びつける。つまり自分と対象物を何らかの形(純粋な好意関係、恋愛感情、あるいはエロティシズム)で結びつける、あるいは結びつけたいという感情を前提として、かつその行為を「愛している」というような直球の表現を避ける奥ゆかしさが含まれた言葉として「萌える」という表現が使われるのではないか、という事である。

 もしくは、対象物に対する理想主義的な憧れをも指すのではないか。「キャラクター」は「デフォルメ化」された人格として振る舞う。それは「デフォルメ」によってテーマ付けられた人格的一貫性による、普通の人間には見出すことの出来ない、あるいは見出すことが難しい理想的人格像、「理想の体現」、「憧れ」を感じさせるものであり、対象が非実在性を伴った「キャラクター性」を帯びている事によって成立する、理想主義に基づく崇敬感情なのではないかという事である。言い換えると、「デフォルメされたキャラクター性」とは人間の人格に求める理想主義の体現と言え、それに対する「非実在だからこその理想の体現」に対して、単なる「好き」や「愛する」を超えた「萌え」なのではないかという事である。



このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 03:19|PermalinkComments(0)