幽体離脱

2020年06月29日

【面白いサイト紹介】最近幽体離脱にはまった

 突然だが、「幽体離脱」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。オカルト、あの世、臨死体験、もしくは科学的に解明されている現象であると考える方もいるだろう。様々な考え方があるとは思うが、しかしそんな「幽体離脱」を考察し、積極的に「幽体離脱」を起こそうと試みる人々がいるという事を聞けば、きっと驚くのではないだろうか。
 かつて2chにおいて「最近幽体離脱にはまった」と題したスレッドにて、幽体離脱を繰り替えし実践しているという体験談が投稿され、話題になった。以後様々な人々が様々な「離脱法」を編み出して「幽体離脱」に挑戦しているのだ。そしてそんな様々な「離脱法」や離脱のコツ、考察を重ねまとめたサイトが「最近幽体離脱にはまった まとめ」wikiである。(URLは下記)
 さて、なぜ彼らは幽体離脱というものにそこまで惹かれ、挑戦し続けるのか?その答えは一つ、幽体離脱した世界では、空を飛んだり、超能力を使えたり、ハーレムを築けたり、本当に「何でも出来る」からである。
 「幽体離脱」とは何か、という事に対する考え方は一つではない。いわゆる夢を夢であると認識している夢「明晰夢」であるとか、本当に別の世界へ行っているとか、幽体離脱に挑戦する人々の間でも意見は様々であるが、実際のところ、多くの人が幽体離脱に成功し、思い思いの自由な世界を体験しているという点を考えれば、その正体がなんであるか、という事はあまり重要ではないのだろう。
 実は筆者自身、数年前にこの幽体離脱というものを耳にし、ぜひ体験してみたい!と考え、何度も何度も挑戦したのだが、全くと言っていいほど成功しなかった。何度か離脱の前兆と呼ばれる不思議な体験というものをしたことはあるのだが、残念ながら離脱後の世界を体験したことはない。
 幽体離脱というものの難易度は決して低くはない。しかし個人差もあり、筆者のように何年も離脱に挑戦していても成功できない人間もいれば、数日のうちに成功してしまう人、中にはその日の晩にさっそく成功してしまう人間もいるというのだから驚きだ。(全く嫉妬してしまう。)
 さてこれを読んでいるあなたも、ひょっとすれば幽体離脱の世界を今夜のうちに体験することも出来るかもしれない。興味を持ったあなたはさっそくwikiにアクセスし、寝床につく際に挑戦してみてはどうだろうか。

最近幽体離脱にはまった まとめ
https://w.atwiki.jp/wiki13_ridatu/


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 23:59|PermalinkComments(0)