匿名

2020年07月05日

【匿名は良いか悪いか?】現代社会のインターネットにおける匿名という場の自由主義的観点からの存在肯定論


匿名は良いものか、悪いものか

 
 インターネットが普及し、その初期から存在していた匿名性という性質は、良くも悪くもインターネットの発展に多大な影響を与えてきた。2ちゃんねる(現5ちゃんねる)といった匿名掲示板がその代表的な存在だろう。特に2ちゃんねるは「便所の落書き」とも揶揄されながらも、様々な匿名ならではの文化を作り出し、今日のネット社会においてもTwitter、ひいては現実社会の流行語など、知らず知らずのうちに使ってるスラングが、実は2ちゃんねる発祥であるなど、その影響は大きい。
 一方で、匿名であるがゆえに起こる根拠のないデマ、誹謗中傷、差別的発言など、その存在そのものに負の側面として、倫理的に存続がなされるべきなのかどうかといった疑問が投げかけられることもままある。正常な倫理観を持ち合わせる人間からすれば、目を疑うような言葉などが飛び交っている場でもあり、過激な犯罪予告などから逮捕者も多数出ているのだから、そのような意見が出てくるのも仕方がないといえば仕方がないだろう。

 しかし、匿名という場における功罪は様々であるとはいえ、この世の中に匿名の場があることによる事自体に一定の有益性、ひいては民主主義社会にとって一定の意義があるのではないかと筆者は考察する。

インターネット以前の匿名という場の歴史


 さて、匿名という言論の形式は、インターネット誕生以前から雑誌や新聞などへの匿名投書と言った形で行われてきた。検閲が存在する社会では、自由な言論を少しでも担保する場として機能した。もっとも、実名を明かさないが故に無責任で差別的な論が展開されるという性質は、この時代も変わらず、19世紀後半のドイツの匿名投書では反ユダヤ主義的な投稿がなされるという問題も起こった。哲学者ショーペンハウアーも、「匿名の文章というのは、責任が存在せず、価値がない」と自著のなかではっきりと匿名を批判している。

 確かに匿名という場においては、無責任であり、過激な意見が飛び交うということも事実である。しかし、近代において、民主主義が各国で確立するにあたって、投票の手段は公開投票からやがて秘密投票へと置き換わった。名を明かさず、匿名であるということによって、政治的な自由が担保されたのである。匿名こそが、民主主義の基礎であるとも言える。

 また匿名の投書や、それこそ2ちゃんねるの蔑称である「便所の落書き」というものも、「落書き」なりの歴史があり、文字通り、便所に描かれた落書きなども匿名の場として、強権的な政権の国家において、人々が本音の、自由な意見を発することが出来る場として機能していたのだ。
 戦前戦中の日本においても、特高警察が不穏な落書きとして取り締まった落書きの数々の記録は、強権的な軍部への反対意見や反戦主義、「日本はこのままでは戦争に負ける」と言った意見であるとか、その時代における人々が思っていた本音が書き綴られていたこともあった。人々が匿名性を担保され、自由に書くことが出来る「便所の落書き」にも、一定の研究の価値がある記録が残っているのだ。

インターネットと匿名の性質~自由な言論かエコーチェンバーか~


 さて時代は下り、インターネットが発明され、一般層の利用という点においては、80年代後半のパソコン通信から始まり、90年代の本格的なインターネット時代が幕を開ける。インターネットはその当初から、強い匿名性という性質を兼ね備えていた。もっとも黎明期のインターネットにおけるパソコン通信は、通常各個人に一つのIDが発行されており、後の匿名掲示板時代よりは匿名性に制限があったのだが、匿名掲示板の普及とともに、匿名性ゆえの行動はかなり拡大していった。当初はインターネットに関する法整備もままなっていなかったことから、初期インターネットの匿名の場というのは、さながら無法地帯の様相を呈していた。流石にこれは問題となり、IPアドレスの記録と発信者情報の開示といった制度的な個人特定の仕組みなどが整備されていくのだが。

 さて2000年代初頭のインターネットの匿名掲示板では、雑多な情報や雑談といった側面も大きかったが、専門知識を持った人間による専門的な分野の板であるとか、多種多様な板で、それぞれ専門的な議論もなされていた。その中で、政治的な意見や思想も醸成されていくことになる。2000年代初期には現在「ネット右翼」と呼ばれる思想の源流が構築されてもいた。ただ、このような思想は匿名の場という性質におけるエコーチェンバー現象、すなわち閉鎖的なコミュニティ環境においてコミュニケーションを繰り返すことによって、特定の信念や思想がより増幅され、先鋭化していくという現象も起こった。政治的な思想は閉鎖環境において先鋭化していき、特定の集団への差別であるとか偏見も増幅されていった。
 その一方で、2ちゃんねるのような匿名の場が、社会のモラルや権威に縛られない自由な言論を行える場所であるとして持て囃されることもある。実際学術的な貢献であるとか、捏造の指摘、匿名による企業や団体などの不正の告発の場となるなど、そういった意味では社会的貢献もなされているという肯定的意見も存在した。

政治的な匿名の意味合い


 ここまで主に2ちゃんねるを中心として、インターネットにおける匿名掲示板の歴史を述べてきた。現代においては、匿名の場というのは、掲示板に限定されず、TwitterのようなSNSも登場して久しい。インターネットが広く普及した現在において、匿名というのは、もはや一部の特殊な人間だけが利用する特別な環境ではなく、人々が日常的に利用する言論の手段として根付いたと言える。その結果、至るところで匿名という場における性質、例えばエコーチェンバー現象による思想の先鋭化であるとか無責任な投稿、デマ、誹謗中傷と言った問題が顕在化し、昨今もニュースにおいて、インターネット上の匿名者をより簡易に特定するといった法制度が議論された事は記憶に新しい。
 無論行き過ぎた匿名の言論は取り締まられて然るべきだとは筆者も思うが、はたしてそういった倫理的、道徳的な視点から匿名の場そのものを規制するということは、正しいことなのだろうか?

 昨今の世の中において社会はより道徳的、倫理的な正しさが求められるようになっている。この事は概ね正しい行為なのだが、しばしばそれが行き過ぎることもある。建前が優先されるあまり、人々が言うべき本音を覆い隠さざるを得ない世の中というのは、果たして健全なのだろうか。無論、中傷的、差別的な行為言動が良いと言うのではない。しかし、道徳的な優位性というのは、ある種理想論を言ったもの勝ちであるという面も否めないだろう。究極的な理想論のみが正しい発言として優位性を担保され、現実的な視点においての発言までもが遮られてしまうというのは、果たして本当に正しい事なのだろうか。筆者が懸念しているのは、やがてはこのような道徳的な建前による「発言の制限」を利用し、強権的、全体主義的な社会を標榜する存在が出現しかねないという点である。

 匿名という場は、社会的なモラルに縛られない場である。そのため自由な言論が担保され、人々は本音を言うことが出来る。もっとも、その本音が必ずしも正しいとは限らないのだが、自由主義的な視点からすると、民主主義における言論の自由が保証されるためには、絶対的な内心の自由と、その内心を、正しくないとしても言うだけならば自由であるという事による多様性のある言論と、その自由が担保されているあらゆるものに影響されない場は存在するべきであると、筆者は考える。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 05:56|PermalinkComments(0)