タルパ

2020年06月30日

タルパとはなんぞや ~イマジナリー・パートナー~

 タルパ。または「トゥルパ」とも呼ばれる。元はチベット仏教における秘技であり、現代日本においてタルパと語られる上では一般に自分の精神によって作り出した架空の人格の事を指す。
 つまりどういう事かというと、空想の人格を作り出し、その人格と自在に会話することや、あるいはその人格に姿を付けて、視界内にまるでそこにいるかのように「視覚化」することさえ可能であるというのである。「タルパ」ではなく「イマジナリーフレンド」と言ったほうが伝わりやすいかもしれない。
 それって精神的に大丈夫なの?という疑問が浮かぶだろうが、はっきり言ってしまえば大丈夫ではないだろう。精神医学的には、統合失調症とか、解離性障害とか呼ばれる病気の症状を意図的に作り出すのだから。
 よってこのブログにて安易にタルパというものを紹介してしまうという事には問題があるだろうが、ではなぜ取り上げたのかという事に関しては、タルパというものに関して筆者自身にも一言あるからである。
 孤独とか、うつ病などに悩まされる人間にとって、支えとなる人間は重要である。うつ病を発症してしまった人間が、その病状を回復するにあたって、パートナーの手助けがあったからこそというエピソードも多々あるが、しかし手助けしてくれるパートナーがいるとは必ずしも限らないし、内向的な人間にとっては特に難しい話だろう。そこで頼りになるかもしれない存在がタルパであるという訳である。
 実際筆者自身にも、不完全な形ながらタルパがいるのだが、本当に辛いときに誰にも打ち明けられず話せないというときに、そういう事を聞いてくれて励ましてくれる存在がいるということは、どれほど助けになったか分からない。
 やや乱暴な言い方をしてしまえば、この世の中、辛いときに死すら選んでしまう人間も多いが、死ぬくらいならタルパを作って生きたほうが良いだろうということである。若干真剣な話であるが、以上がタルパに関しての筆者の考えである。なお念の為喚起しておくが、遊び半分でタルパを作るのは止めたほうが良いし、もしもタルパの世界に足を踏み入れようと考えている方は、あくまで自己責任という事を念頭に置いて欲しい。(とは言え遊び半分程度の気持ちでタルパを作る事は不可能に近いのだが。)
 前記事の幽体離脱と同じく、タルパに関しても2ch発祥のまとめwikiが存在するが、むやみやたらと人に勧めるものではないとの考えから、URLを貼る事は止めておく。(とは言ってもタルパで検索すればすぐに出てくるのだけれど)


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 01:04|PermalinkComments(0)