タクシードライバー

2020年07月01日

【こんな映画を見た】Taxi Driver/タクシードライバー ~迷える男たちに送る名作映画~

「タクシー・ドライバー」孤独な男の悲哀と狂気の果てにあるもの



 タクシードライバー、1976年公開のマーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の作品である。いわゆる「アメリカン・ニューシネマ」に分類されることもある。言わずと知れた名作であり、今日をしても迷える男たちに影響を与えることもある映画史に残る傑作である。とは言え、この映画、鑑賞した人間の感想がはっきりと分かれることは否めない。人によってはつまらない退屈な映画で、「で、結局主人公は何をしたかったわけ?」で終わってしまう事もあるだろう。しかしこの映画、刺さる人間にとってはとてつもなく刺さるのである。それはなぜだろうか。当時の社会背景をきちんと認識できているとか、感受性が豊かだとか、きっとそういう事ではない。心の内に抱いているモヤモヤとした感情が、主人公トラヴィスと共鳴した時、この映画はその人の人生に残る傑作になりうるのである。今回の記事では、なぜそうなのだろうか?という理由を拙いながら筆者なりに考察していきたい。なお、以下ストーリーについてのネタバレもあるのでご注意。


●主人公トラヴィス


 ベトナム帰還兵であり元海兵隊員。不眠症に悩まされ定職につけない中、タクシーのドライバーに就く。彼の人格には若干狂気とも言えるようなものが含まれており、当時の腐りきったニューヨークへの行き場のない鬱屈とした不満と正義感を抱き、やがてそれは暴走していく。トラヴィスの作中での生き様はお世辞にも褒められたものではない。行き場のない不満からタクシードライバーとして街を彷徨い、ポルノ映画を見て眠れぬ夜を過ごす。そんな中で出会った次期大統領候補の選挙運動に携わるベッツィーに心を寄せる。しかしせっかくデートまでこぎつけたが、自身がいつも訪れるポルノ映画館に誘ってしまいデートは台無し。ベッツィーに突き放されたトラヴィスは、それが理解できず、逆恨みとも言えるような情念を抱く。中盤からは、次期大統領候補の暗殺計画を企て、不正に銃を購入し、訛った身体を鍛え直し、彼の狂気は研ぎ澄まされていく… 全体的に、不眠症という病に苛まれ、ベトナム戦争の後遺症に苦しむ男が、社会に溶け込めずに暴走していくストーリーとなっている。

●迷える男たちのバイブル?


 さて以上がこの映画のあらすじと、主人公トラヴィスについての概要である。こうしてざっとまとめてみると、決して安易に共感してはいけない、むしろベトナム戦争なんてものを知らない筆者のような人間が安易に共感なんてできるはずもない、という事は分かっているのだが、それでもトラヴィスの生き様は、心のなかに言い表せない負の感情―狂気と不満を抱いていると自負している男にとっては、共鳴するものがある事は否めないと言わせていただきたい。
 作中での時代背景を概説すると、当時のアメリカにおいて負の象徴であったベトナム戦争の影響が色濃い1970年代のニューヨーク、ひいてはアメリカ全体の政治腐敗だとか甚だしい治安の悪状況であるとか、退廃的な雰囲気に包まれていた時代でもある。そういった事を理解していれば、よりこの作品を見る際にはより深みが増すだろう。

 しかし、そういった背景を知らなくても、この映画が刺さる人間はいるのである。そう、例えば筆者である。初めて筆者がこの映画を見た時、確かによくわからないというのが感想の大半であった。しかし…しかし心の片隅にトラヴィスの生き様、このタクシードライバーという映画そのものに、何かままならぬ感情を仄かに抱いたのもまた確かであった。そして何度も映画を見返すうちに、惹き込まれていったのである。
 一体なぜだろうか?という事を考えた時、やはりこの映画の主人公、トラヴィスという男が抱える鬱屈した負の感情に苛まれ暴走していく、あるいは暴走してしまいたい、そういった心境に時代を超えた一定の普遍性があるからであろう。
 作中中盤以降トラヴィスは狂気に支配された表情で、鏡に向かって「You talkin' to me?」と話しかける。そしてモヒカンにグラサン、銃器を仕込んだM65ジャケットという出で立ちで演説の集会へと向かう。結果的にはボディーガードに見つかって襲撃は失敗に終わり、逃げ帰るのだが、ターゲットを変更した彼は売春宿に向かい…というのが終盤の展開である。はっきり言って完全に狂っている。しかし狂ったなりに彼が行う行動は、狂いたくても狂えない、鬱屈した感情があり、狂気のようなものを内包しているつもりでも、あくまで自分は普通の人間として一生を終えるのだろう、と思っている人間にとっての代弁とも受け取れるのだ。私達が生きる社会というのは、歴史の狭間とも言える、太平無事な時代である。ベトナム戦争のような動乱も存在しないし、治安が非常に悪いわけでもない。しかしそんな歴史の狭間で、常に社会に存在する不条理、腐敗、退廃感といったものに嫌気がさしている人間にとっては、この作品は狂気の代弁者として機能しうるのではないか。そんな迷える男たちにとっての、バイブルのような形として、この作品は名作たりうるのではないだろうか、というのが筆者の考察である。もっともそれだけでは、単に反社会的な作品となってしまうのであろうが、この映画では、きちんとその点においても釘を指している。トラヴィスは最終的に、売春宿を襲撃して一人の少女を助け出したヒーローとしてメディアにて称賛されるのだが、果たしてそれは彼の望んだことだったのだろうか。狂気の果てに、憎んだ社会から逸脱する為に起こした行動、それでも彼は社会からヒーローとして称賛される結果に終わる。この点に突然冷水を浴びせられるような痛烈な皮肉を感じるのは筆者だけであろうか。

 以上が映画タクシードライバーに関しての筆者の考察である。拙い点、ツッコミどころも多数あるかも知れないが、どうか温かい目で笑って見て欲しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 21:19|PermalinkComments(0)