タイトル

2020年07月02日

今更ながら「Voice of Drone」というタイトルに込めた思いなどについて

 Drone、ドローン。空を飛ぶあのドローンである。昨今カメラを搭載したドローンによるテレビやメディアの取材や、Amazonの配達サービスなどにも検討されているという働きものである。
 さてこのサイトの題名、「Voice of Drone」、ドローンの声?なんだかおかしなタイトルのようにも思われるかも知れない。しかしこのDroneという英単語、のらくら者という意味もあるのである。のらくら者とはなにか?のらくらとして役に立たない人、なまけ者、のら者という意味である。ついつい自分自身に否定的な意味の名前をつけてしまうのは、ネット上のハンドルネームなどを考える時に出てしまう筆者の悪い癖なのだが、この「のらくら者」という言葉の響きが、なんだかとても気に入ったのである。
 つまり「Voice of Drone」、「のらくら者の声」というわけである。ちなみにこの「Voice of ~」という英語の構文は、筆者の知る限り、アメリカの非英語話者向けの英語ニュースサイト「Voice of America」というのがあって(英語を学ぶのにお世話になった)、このサイトに関してはそれを参考にしている。
 さて最後に愚痴のようなことを書くと、「Voice of Drone」などというキテレツな名前を付けているこのサイト、Googleで検索してもちっとも当サイトが出てこないのである。世の中にまだ無さそうな名前をつければ、安易に自分のブログの名前が検索エンジンの上の方に行くだろうなどと、安易な考えをもっていた筆者だったが、世の中そう甘くはないらしい。今の所ブログをものすごく多くの人に見てもらいたいだとか、お金稼ぎをしたいとかいう野望は筆者は持ち合わせていないのだが、この「Voice of Drone」という名前を検索すれば上の方に出てくる・・・なんて願望はちょっぴり持ち合わせている。この「Voice of Drone」という題名が、我ながらなかなか気に入っているからである。
 さて筆者は本日も明日も明後日も、こののらくら者の基地から、世の中に向けて、そして自分自身の心にも向けて、様々な声をつらつらと書き、発信していくつもりである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 19:31|PermalinkComments(0)