ブログについて

2020年07月22日

【2020年7月版】「Voice of Drone」おすすめ記事特集

 硬めの考察から柔めのエッセイまで、非常に雑多にやっているこのブログ。初めていらっしゃった方は、主にタグクラウドの雑多さなどに困惑してしまうのではないか。
 そこで、ぜひ読んでいただきたい個人的おすすめ記事を特集した。気になる記事があったら是非どうぞ。

もくじ
●アニメ論
●バーチャルYouTuber・ヴァーチャリズム
●レビュー記事
●考察
●うつ病・精神
●エッセイ
シリーズ「最果ての土地」紹介
●小説
●おもしろサイト紹介

アニメ論



・サブカルチャーにおける「セカイ系」とは何か?という考察記事。上の記事では、「セカイ系」の私的定義と構造論、そして下の記事では「セカイ系」が流行した背景について考察する。


・「エンドレスエイト」という壮大な実験。筆者が全8回の「エンドレスエイト」をぶっ通して見た事が無駄でなかったことの証のために!あえて述べたかった!「エンドレスエイト」肯定論を!


・昨今のメディアコンテンツの「大量生産大量消費」という構造を考えた上で、なぜ日常系アニメは安定した需要があるのだろうか?そんな事を考察した記事。



・私的「なろう系」考察記事。否定的に捉えられることも多い「なろう系」作品に顕著な「異世界転生」、「チート」を、客観的視点から、それらが流行した社会背景や物語の構造そのものについて考えた記事。

バーチャルYouTuber・ヴァーチャリズム


・筆者「のらくら」が提唱するバーチャルYouTuberに関する独自思想「バーチャリズム」。一言で言えば「バーチャル至上主義」。その分かりやすい解説。


・久々に「電脳少女シロ」ことシロちゃんの動画を見返して、頭が為になった筆者が書いた怪文書。Vtuberに関してわからない人には全くわからないし、わかる人にも全くわからないであろう謎の記事。

レビュー記事


・筆者の人生に最も影響した小説『NHKにようこそ!』を愛を込めてレビュー。なぜこの小説は名作なのか?ということについても考察した。作者の滝本竜彦先生からもご好評を頂けた自信作レビュー。


・アメリカン・ニューシネマの金字塔「イージー・ライダー」は放映当時のアメリカ人にとって一体何が衝撃的だったのか?という事を考察した映画レビュー。「イージー・ライダー」を見たけどよく分からなかったという方は是非どうぞ。


・同じくアメリカン・ニューシネマに分類される「タクシー・ドライバー」を考察を交えつつその魅力をレビュー。刺さる人にはものすごく刺さり、刺さらない人には全く刺さらないこの映画、なぜそんな違いが出るのかという事についての私的考察。


・東方Project大好きな筆者が、そのなかでもトップクラスにお気に入りなアルバム「蓬莱人形」の魅力を徹底解説。一曲ごとに曲のイメージをレビュー。


・ジョン・レノンの名曲「イマジン」は単なる夢想主義、理想主義の曲なのか?という記事。結論を言えば、非常に現実的な側面も持ち合わせた曲なのだ。

考察


・インターネットの歴史をマルキシズム「唯物史観」と「発展段階論」から捉えた一考察。なお、筆者はマルキシズムについては素人なので、あくまでマルキシズム的な何かという事で。


・「普遍性」を伴った作品は再評価される。そのなかでも「社会的普遍性」はしばしば忘却され再発見される。「普遍性」を三つに大別し、そのなかでも「社会的普遍性」の重要性を考えた。わかりにくいかもしれないが、個人的には良く書けた記事だと思っている。


・「反出生主義」という思想に対して、純粋に不完全ではないかと感じた点を指摘した記事。なお筆者は積極的にこの思想を肯定する立場でも否定する立場でもない。正直に言うと「反論が難しい」と言われる「反出生主義』に対して好奇心から異論反論を唱えてみたかった。

うつ病・精神


・うつ病患者である筆者が筆者なりに考えたうつ病療養法。モヤモヤとした考えを文に起こすことの重要性を解説。


・うつ病は何が辛く苦しいのか?何が厄介なのか?そんな事を、当事者である筆者が筆者なりに考えて解説した記事。うつ病をよく知らない方にこそ読んでもらいたい記事。


・最近ではすっかり意味が独り歩きし、気軽に使われる「サイコパス」という言葉。実は精神医学においては「サイコパス」という言葉には暗い歴史があるのだ。今だからこそ知っておいて欲しい知識。

エッセイ
・硬めから柔めまで、いろんな事を書いたエッセイ集。エッセイに関しては解説するものでもないと思うので、タイトルを見て気になったものをどうぞ。








シリーズ「最果ての土地」紹介
・僻地マニアの筆者が、最果ての土地の歴史や現在などを解説するシリーズ。世界地図で見る最果ての土地。そこには何があるのか気になる方も多いのではないか。そんな疑問に答えられればと思い書いたシリーズ。


小説
筆者の書いた小説。短編なので、興味があったら、お暇な際などにどうぞ。


おもしろサイト紹介

私的おすすめサイトを紹介したカテゴリー。





このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 10:33|PermalinkComments(0)

2020年07月16日

【祝!ブログ総閲覧者数300人突破!&企画、過去記事個人的傑作選紹介】見て下さっている全ての皆さんに深く感謝申し上げます!

 今朝起きたらブログの累計訪問者数が300人を突破していました!300人!すごい数です!テルモピュライの戦いのスパルタ軍と同じくらいですよ!(細かすぎて伝わらない例え)
 拙い考察と屁理屈にまみれた当ブログですが、読んで下さる方がこんなにも多いというのは本当にありがたい限りです!
 さて、300人突破に際して、企画と言えるほどのものでもないのですが、当ブログの過去記事の中の個人的自信作を紹介させていただきます!よろしければ読んでみてください!あるいは初めて来てくださった方は、当ブログの紹介としてこんな記事があるんだな~という参考にしつつ、目についたものがあればぜひ読んでみてください!

アニメ論

・サブカルチャーにおける「セカイ系」とは何か?という考察記事。上の記事では、「セカイ系」の私的定義と構造論、そして下の記事では「セカイ系」が流行した背景について考察する。

・「エンドレスエイト」という壮大な実験。筆者が全8回の「エンドレスエイト」をぶっ通して見た事が無駄でなかったことの証のために!あえて述べたかった!「エンドレスエイト」肯定論を!

・昨今のメディアコンテンツの「大量生産大量消費」という構造を考えた上で、なぜ日常系アニメは安定した需要があるのだろうか?そんな事を考察した記事。


・私的「なろう系」考察記事。否定的に捉えられることも多い「なろう系」作品に顕著な「異世界転生」、「チート」を、客観的視点から、それらが流行した社会背景や物語の構造そのものについて考えた記事。

バーチャルYouTuber・ヴァーチャリズム


・筆者「のらくら」が提唱するバーチャルYouTuberに関する独自思想「バーチャリズム」。一言で言えば「バーチャル至上主義」。その分かりやすい解説。

・久々に「電脳少女シロ」ことシロちゃんの動画を見返して、頭が為になった筆者が書いた怪文書。Vtuberに関してわからない人には全くわからないし、わかる人にも全くわからないであろう謎の記事。

レビュー記事

・筆者の人生に最も影響した小説『NHKにようこそ!』を愛を込めてレビュー。なぜこの小説は名作なのか?ということについても考察した。作者の滝本竜彦先生からもご好評を頂けた自信作レビュー。

・アメリカン・ニューシネマの金字塔「イージー・ライダー」は放映当時のアメリカ人にとって一体何が衝撃的だったのか?という事を考察した映画レビュー。「イージー・ライダー」を見たけどよく分からなかったという方は是非どうぞ。

・同じくアメリカン・ニューシネマに分類される「タクシー・ドライバー」を考察を交えつつその魅力をレビュー。刺さる人にはものすごく刺さり、刺さらない人には全く刺さらないこの映画、なぜそんな違いが出るのかという事についての私的考察。

・東方Project大好きな筆者が、そのなかでもトップクラスにお気に入りなアルバム「蓬莱人形」の魅力を徹底解説。一曲ごとに曲のイメージをレビュー。

・ジョン・レノンの名曲「イマジン」は単なる夢想主義、理想主義の曲なのか?という記事。結論を言えば、非常に現実的な側面も持ち合わせた曲なのだ。

考察

・インターネットの歴史をマルキシズム「唯物史観」と「発展段階論」から捉えた一考察。なお、筆者はマルキシズムについては素人なので、あくまでマルキシズム的な何かという事で。

・「普遍性」を伴った作品は再評価される。そのなかでも「社会的普遍性」はしばしば忘却され再発見される。「普遍性」を三つに大別し、そのなかでも「社会的普遍性」の重要性を考えた。わかりにくいかもしれないが、個人的には良く書けた記事だと思っている。

・「反出生主義」という思想に対して、純粋に不完全ではないかと感じた点を指摘した記事。なお筆者は積極的にこの思想を肯定する立場でも否定する立場でもない。正直に言うと「反論が難しい」と言われる「反出生主義』に対して好奇心から異論反論を唱えてみたかった。

うつ病・精神

・うつ病患者である筆者が筆者なりに考えたうつ病療養法。モヤモヤとした考えを文に起こすことの重要性を解説。

・うつ病は何が辛く苦しいのか?何が厄介なのか?そんな事を、当事者である筆者が筆者なりに考えて解説した記事。うつ病をよく知らない方にこそ読んでもらいたい記事。

・最近ではすっかり意味が独り歩きし、気軽に使われる「サイコパス」という言葉。実は精神医学においては「サイコパス」という言葉には暗い歴史があるのだ。今だからこそ知っておいて欲しい知識。

エッセイ
・硬めから柔めまで、いろんな事を書いたエッセイ集。エッセイに関しては解説するものでもないと思うので、タイトルを見て気になったものをどうぞ。








シリーズ「最果ての土地」紹介
・僻地マニアの筆者が、最果ての土地の歴史や現在などを解説するシリーズ。世界地図で見る最果ての土地。そこには何があるのか気になる方も多いのではないか。そんな疑問に答えられればと思い書いたシリーズ。


小説
筆者の書いた小説。短編なので、興味があったら、お暇な際などにどうぞ。


おもしろサイト紹介

私的おすすめサイトを紹介したカテゴリー。







このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 07:37|PermalinkComments(0)

2020年07月12日

当ブログのプライバシーポリシー

個人情報の保護について

「http://voiceofdrone.com/)」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 04:58|PermalinkComments(0)

2020年07月09日

【祝!ブログ総閲覧者数100人突破!&さらに嬉しいニュース!】当ブログを見てくださった全ての方に感謝!

 この度ブログの総閲覧者が100人を突破しました!
 これまで見てくれた全ての方にこの場を借りてお礼申し上げます!本当にありがとうございます!

 さて嬉しいニュースがもう一つ。なんとこのブログで書いた「NHKにようこそ!」の書評が作者の滝本竜彦さんの目に止まったようで、なんと直接Twitterにて紹介ツイートをして頂けました!

 憧れであり大ファンである滝本竜彦さんから直接評価頂けたことは本当に嬉しいことです。正直このブログを初めた上での夢の一つが叶ってしまったような・・・
 いや、もちろんまだまだブログは続けますよ!これからも独自の視点で色々な記事を書いていくので、見てくれている方はこれからもご期待ください!
 
 さて、一応、滝本竜彦さんの紹介によってこのブログを知った方もいるかも知れないので、このブログについて一応ここで紹介させていただきます。
 「Voice of Drone」へようこそ!このブログでは、主にエッセイや、映画、音楽レビュー、書評などを独自の考察を交えながら書き綴っています。
 この機会にブログに来てくれた方が、もしこの記事を読んでいたら、ぜひ、他の記事も読んでみてくださいね!
 おすすめは人気記事、「セカイ系」作品についての独自の考察記事や「インターネット論」などを考察してみた記事です!「考察」カテゴリからどうぞ!バーチャルYouTuberがお好きな方は、筆者の怪しい思想「バーチャリズム」のジャンルの記事なども御覧ください・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 07:53|PermalinkComments(0)

2020年07月02日

今更ながら「Voice of Drone」というタイトルに込めた思いなどについて

 Drone、ドローン。空を飛ぶあのドローンである。昨今カメラを搭載したドローンによるテレビやメディアの取材や、Amazonの配達サービスなどにも検討されているという働きものである。
 さてこのサイトの題名、「Voice of Drone」、ドローンの声?なんだかおかしなタイトルのようにも思われるかも知れない。しかしこのDroneという英単語、のらくら者という意味もあるのである。のらくら者とはなにか?のらくらとして役に立たない人、なまけ者、のら者という意味である。ついつい自分自身に否定的な意味の名前をつけてしまうのは、ネット上のハンドルネームなどを考える時に出てしまう筆者の悪い癖なのだが、この「のらくら者」という言葉の響きが、なんだかとても気に入ったのである。
 つまり「Voice of Drone」、「のらくら者の声」というわけである。ちなみにこの「Voice of ~」という英語の構文は、筆者の知る限り、アメリカの非英語話者向けの英語ニュースサイト「Voice of America」というのがあって(英語を学ぶのにお世話になった)、このサイトに関してはそれを参考にしている。
 さて最後に愚痴のようなことを書くと、「Voice of Drone」などというキテレツな名前を付けているこのサイト、Googleで検索してもちっとも当サイトが出てこないのである。世の中にまだ無さそうな名前をつければ、安易に自分のブログの名前が検索エンジンの上の方に行くだろうなどと、安易な考えをもっていた筆者だったが、世の中そう甘くはないらしい。今の所ブログをものすごく多くの人に見てもらいたいだとか、お金稼ぎをしたいとかいう野望は筆者は持ち合わせていないのだが、この「Voice of Drone」という名前を検索すれば上の方に出てくる・・・なんて願望はちょっぴり持ち合わせている。この「Voice of Drone」という題名が、我ながらなかなか気に入っているからである。
 さて筆者は本日も明日も明後日も、こののらくら者の基地から、世の中に向けて、そして自分自身の心にも向けて、様々な声をつらつらと書き、発信していくつもりである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 19:31|PermalinkComments(0)