反出生主義に対するいくつかの異論・反論【2020年7月版】「Voice of Drone」おすすめ記事特集

2020年07月21日

【エッセイ】ど~でもい~であろう筆者の小説裏舞台話/ブンガク的な性癖ぶっちゃけ話

この記事では筆者のネットに投稿した作品のネタバレが含まれています。一応ご注意を。あと筆者の小説を呼んだ上で読むとより面白いかも知れません。(宣伝)


 
 筆者はいくつか小説を書いている。発表していない作品、ネットではない場所で発表した作品、ネットで発表した作品、全部合わせても十とちょっとほどで、何らかの実績があるわけでもないのだが、まあアマチュア小説家の端くれの端くれくらいは名乗っても良いんじゃないかと思っている。

 最近はカクヨムにて『落日の幻想帝国』というお話を書いた。とある帝国が滅びる時に、人は何を思うのか、国が滅びるということは、国とはなにか的なテーマで書いたお話である。今読み返すと、いささかテーマにこだわるあまり、小説としてのまとまりが薄くなってしまったような感もあるのだが、ともかく完結させることが出来て良かった。

 さてここからが本題のようなものなのだが、題して「恐らく多くの人にとってど~でもい~であろう筆者小説の裏舞台」である。要するに小説を書く筆者は何を考えて小説を書いていたりするのかという事を、裏舞台として暴露してみたい。

 まず筆者の小説、プロット段階では必ずと言っていいほど人が死ぬ。特に主人公が死ぬ。なんでだろう。筆者にもわからない。筆者自身構想を練る時「人が死ぬ話しか書けんのかおどれは!?」と自身にツッコミを入れたくなるほどである。

 例えば最新の作品である『落日の幻想帝国』、主人公はだいたい20代前半あたりの女性をイメージしていたのだが、プロット段階では筆者は思った。帝国の滅亡という設定、そして若い女主人公。これはもう最後は主人公を火の中に放り込んで自死させなければならぬ!と(何故?)。
 幸いなことに、主人公は書いている内に筆者の気が変わった、あるいは物語の都合上で、死ななくても良いことになった。めでたしめでたしというエンディングではないのだが、ちょっとだけスッキリする希望がある終わり方にになった(なってしまった)。そして未だにどうにかして火の中に投げ込みたかったという危ない未練もないではない。だってさあ、うら若き乙女が帝国の滅亡とともに自ら火に飛び込むってそれもう芸術でしょう・・・。どうにかして実現させたかった。いずれ懲りずに何処かで使い回すかも知れない。

 その前に書いた『お月さま』の女主人公(十五の少女)は、ズバリ死なせるつもりで書き、実際死んだ。しかもラストシーンは同じく十五歳の少女の死体の山が発見されるというオチである。なんだか筆者は今まで書いた小説、プロット段階では「かしら言葉」を使うような乙女な女の子が主人公で、しかも最後にそれを死なせるというのだから、筆者は何だ、危ない猟奇趣味者か何かなのかと思ってしまう。

 しかし筆者は思うのである。うら若き儚い乙女がなんだかんだあって死ぬ。これはもう文学であると!

 やっぱり危ねえやつだな!と思われないように断っておくが、文学作品にも実際そういう作品は多いし、大体文豪と呼ばれる方々は、失礼を承知で言うと大体変態である。だから筆者も立派な小説家を目指して性癖をさらけ出すのである。あーこれは仕方ないことだ。

 なお、どうして筆者が「うら若き乙女」にこだわるのかというと、もちろん真面目な性癖上の問題もあるのだが、「うら若き乙女」は筆者自身に対して恐らく人間という存在の中で対極に位置するであろう存在だからである。おなじ人間という存在でありながら、対極の遠い場所にあり、だからこそ筆者にとって一定の神秘性をもって輝いている。つまり美しい存在であり、美しい存在だからこそ、蝶のように舞い、美しさを振りまいて、そして死んでほしいのである。滅びの美学である。これは文学的な真面目な話である。

 一応断っておくと、無論筆者は現実で人を傷つけるつもりは一切ない。小説であるから、あるいは小説だからこそ、自らが作り上げる世界の中で、性癖を発揮したいのである。
 付け加えれば筆者は人を傷つけたいというよりは、むしろ「うら若き乙女」側に自己投影したある種のマゾヒズムをも含んだオートガイネフィリアとオートアサシノフィリアが入り混じりった性的興奮というよりは精神的満足感、充実感を得る性癖が・・・これ以上書くと流石にドン引きでは済まされ無さそうなので止めておく。

 なんだか途中から暴走して筆者の性癖暴露になってしまって恥ずかしい限りであるが、あえて隠すこと無くそれを記事にしたい。
 というのもかつて確か三島由紀夫が、「小説家というのはみな精神的露出狂である」というようなことを言っていたが、実際面白いと思われるような作品を書くには、やはり作者の精神的な性癖なりをありありと見せつけないとならないのではないかと、小説家の端くれの端くれの筆者としても思うところである。だから『お月さま』書いている時にちょっと興奮してましたとかぶっちゃけても、それは小説家として問題ないのである(人間的には大いにあるよ)。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 07:20│Comments(0)エッセイ | 小説

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
反出生主義に対するいくつかの異論・反論【2020年7月版】「Voice of Drone」おすすめ記事特集