ある人の死に際して。「死」について。感情の整理。【エッセイ】ど~でもい~であろう筆者の小説裏舞台話/ブンガク的な性癖ぶっちゃけ話

2020年07月20日

反出生主義に対するいくつかの異論・反論

反出生主義に対する私的疑問、異論、反論

 

初めに・いくつかの前提


 この記事では、一つの哲学的立場である、「反出生主義」に対する異論反論を唱えたい。


 なおこの記事では、生物の存在以前、及び存在以後の「無」、つまり生前と生後は「無」であるという認識は、反出生主義の立場と一致させた上で考える。

 つまり、なんらかの宗教的な立場、主張を用いて反出生主義に対する異論、反論を行うものではないとはっきり断っておく。もっとも存在以前、存在以後ははたして「無」なのかという事も証明不可能なのではあるのだが、ここではそれを一つの前提とした上で、反出生主義への異論、反論を唱えたい。


 また、もう一つ初めに前提として断っておかなければならないのは、人間は人間として、あるいは動物として存在する以上、「感情論」を排して考えることは出来ないという事である。

 何故ならば、私達が生きるにあたっての「合理的」指標とは、常に快と不快という原則に支えられているのであり、言うなればそれそのものが「感情」であるからである。ある意味では、存在の快・不快という原則を用いた立場である反出生主義もまた一種の「感情論」であるし、それに対する反論もまた、人間が人間として持つ「感情」を全く廃して議論を行うことは、不可能であるし、不毛であるし、意味がないと考える。

 したがって、「感情論」といういささか定義に困る曖昧な言葉を全く排して、人間が思考をすることは出来ないと、まず前提として述べておく。

 

反出生主義とは何か 


 極めて概略すれば、哲学的立場、道義的、倫理的立場から、人間が子供を出生させることに対する否定の論理である。生まれてくる子供が、経験するかも知れない苦痛を考えれば、道徳的に出生を行うべきではないという主張を掲げる。


 反出生主義の基礎の一つとして、「負の功利主義」、つまり一般的な正の功利主義における「最大多数の最大幸福」の原則とは真逆の「最小少数の最小苦痛」とでも言い表すべきな、快原則の真逆である、不快、苦痛を最小限、出来るならばゼロにするべきであるという立場が挙げられる。

 これを突き詰めて考えれば、人間が存在する以上苦痛はつきまとうのだから、人間は存在するより存在しないほうが良いという事になる。


 代表的反出生主義者であるヘルマン・ヴェターは、「人間は生まれてこないほうが良い」とする上で、基本的非対称性の原理を挙げている。「有に対する無」の存在的非対称性・優越性である。概略すれば、無という非存在の、有である存在に対する非対称性、存在しないことによる無の有に対する優越性というものを結論付けている。

  

異論:反出生主義という、「理性優越主義」への異論

 
 反出生主義は、理性優越主義的な思想である。

 ここで筆者が使う理性優越主義とは、人間の動物としての欲求を理性が克服する、あるいは欲求を理性によって飼いならす、あるいはそうすべきであるという考えであると定義しておく。


反出生主義においては、人間の出生という生物的本能を理性によって制限すべきであるという立場であり、人間が動物として持つ本来的な欲求に対する理性優越主義であると筆者は捉えた。


 このような理性優越、あるいは理性絶対主義的な考えは、産業革命、科学革命が起きた近代という時代を支え、発展させてきた。しかし、そのような理性の完全性の信奉、ひいては理性による完全な社会の実現可能という考えが、いくつかの全体主義的な思想を生み出した一つの要因であるという事を忘れてはならない。無論、そのような理性主義の全ての負の側面を反出生主義に適応し、それを反出生主義への反論とすることは、いささか言いがかりめいているため、適切とは言い難いが。


だが、理性優越主義的な考えにおける、人間が動物的存在を超えた理性の生き物であるという考えに対しては、筆者は同意しかねるという立場はまずはっきりさせておきたい。


つまり、この記事の反論の全ての前提ともなるが、まず人間は動物なのである。けれども、人間は確かに理性を持ち合わせた存在でもあるから、その事実を無視することは出来ないのだが、しかし、筆者の立場としては、人間は本質的には感情が理性に先立ち、言い換えるならば、理性によって感情を飼いならしている動物ではなく、実のところ理性とは感情によって飼いならされているのではないかという疑問を呈したい。つまり、本能に関わる本質的な欲求に関わる事項を人間という動物は克服する事は出来ないという事である。

 

異論:「有」存在による「負の功利主義」の実践不可能性


 我々は既に存在している。人間として、動物として、存在している以上は快・不快原則に支配される。
 苦痛を最小限にする、あるいはゼロにするという負の功利主義の実践は、欲求として快を目指す事を主にして存在する我々にとっては難しい。いうなれば、すでに存在している我々は、苦痛を最小限にするという負の功利主義よりも、一般的な功利主義、つまり正の功利主義を目指したほうが原理的に容易いという事である。

言い換えれば負の功利主義とはある種、理性的な立場であるのに対して、正の功利主義とは自然的に欲求に従順な感情的立場であるとも言えるのではないか。

 

反論:「無に対する有」の存在的優越性


  我々は生まれて、存在している。我々はすでに存在している。特にこのことを無視する事は出来ないと筆者は考える。


まず結論として筆者の立場を述べるのであれば、ヘルマン・ヴェターの「有に対する無」の優越性とはある種真逆の論理ではあるが、既に「有」として存在しているということは、非存在である「無」に対する、ある意味での一定の優越性があると筆者は考える。


無から無は生成されないが、有によって無から有は生成される。そして無は欲求を持たないが、有は欲求を持つのである。無を有にすることに対する道徳的な疑問を問うならば、有が有として持つ本来的な欲求を否定することに対する道徳的な疑問も問わなければならない。


我々は既に存在していて、存在する以上は、存在につきまとう制約、動物であるならば、動物として存在する以上は、否応なしに快・不快原則に支配され、その一環として快を目指して、欲求を満たすという行為がある。その欲求の一環として生殖行為がある訳だが、この事は、人間が人間として、あるいは動物として存在する上で免れることの出来ないジレンマのようなものであると考える。それを全く、道徳的に否定することが出来るのかという疑問である。果たして幸か不幸か我々は存在している。動物として存在している以上は、動物という存在のジレンマからは逃れられない。


たとえそれが、存在してしまっている動物が子をなして更に苦痛を繰り返す行為であるとしても、それはこの世界に生物が誕生した時点以来からの生物が生物学的に生物であるゆえの定めのようなものなのであると考える。そして、そのことに対して、人間という動物が生物的本能を理性によって克服し、いわば反出生主義における種族的自殺を行うという試みは、先の人間における理性と感情欲求との関係を前提にすれば、やはり不可能であると言わざるを得ないと筆者は考える。

 

反論:既存の人間のエゴイズムの尊重


 筆者の考える反出生主義への反論の一つに、既存在である、「今生きている人間のエゴイズムを尊重すべきである」という論理がある。

 (反出生主義的に言うのであれば)「既に存在してしまっている」人間のエゴイズムを否定することは出来ないと筆者は考える。

これは若干前述した事とも重なるのだが、まずこの文を読んでいる、我々人間は既に存在していて、生きていて、欲求を有する。その欲求は、道徳的に尊重されなければならない。


 確かに我々は、これから生まれてくる子供たちに対する全人生の保証はしかねるというか、出来ない。しかし、我々は存在して、欲求を有している。愛情に代表される感情、必要性、あるいは快楽として、子をなすという行為は、我々のような存在する「有」にとっての正の功利主義であり、幸福(快楽)を追求する行為なのである。繰り返すようであるが、無に対する道徳的尊重を行うならば、既に存在している有に対する尊重も行わなければならないと考える。

ここで一つ問わなければならないのは、反出生主義においては、子をなして、存在させ、苦痛を伴う人生に投げ込むことに対する道徳的な疑問が提唱されているのであるが、筆者としては、果たして、我々動物としての人間が純粋な本能によって行う行為に道徳的善悪を問うことは出来るのかという疑問を、質問を返すようであるが、問いたい。


子をなすことが出来る最小数の二人の男女がこの世界に「すでに存在」しているのであれば、彼らが望む事として子をなすという行為に対してそれを彼らが望んだらならば、それに否を突きつけることはできるのだろうか。出来ないと筆者は考える。なぜならば、彼らは存在しているからである。彼らが望む行為として、子をなすという自由意志を否定することは、道徳的にできないと考える。

 

終わりに


 以上が筆者の考える反出生主義に対する異論、反論である。筆者としては、あえて人生は素晴らしいものであるとか、あるいは苦痛を伴うものであるとか、反出生主義は良いか悪いかとか、そういったことに対する議論は控えた。

 ただ単純に、反出生主義という思想そのものがもつ不完全性のようなものを問いたかったのである。

 無論これらの異論反論に対するさらに異論反論もあるだろう。そのような意見はぜひコメント欄などでレスポンスしていただけると幸いである。




このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 16:56│Comments(8)考察 

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しさん   2020年07月21日 10:01
ただ単純に、反出生主義という思想そのものがもつ不完全性のようなものを問いたかったのである。

スーパー完璧非の打ち所がなければ支持しないマン
2. Posted by のらくら(管理人)   2020年07月21日 10:54
>>1
コメントありがとうございます。
支持されているのか批判されているのか捉えかねますが、私は思想に完璧なものはないと思っていますし、非の打ち所というものは、どんなものにも存在します。
あるいは思想は否定し批判されることで論考を重ねてより妥当性を深めるべきものであるし、そうであるべきと考えます。
実のところ私は「反出生主義」に対して積極的に否定する立場でもなければ肯定する立場でもありません。個人の自由の範疇として、反出生を選ぶことと反出生主義を主張することは許されると考えるからです。
しかし、思想というものはくり返し述べるようでありますが、完璧なものはないと思っています。たとえそれが、否定することが難しいと言われる「反出生主義」においてもです。
私の立場としては、反出生主義に対する疑問を提唱することで、反出生主義という思想そのものに対する問いかけを行いたかったのと、純粋な好奇心として、「否定が難しい」と言われる反出生主義への異論反論を唱えてみたかったという事につきます。
重ね重ねになりますが、コメントありがとうございました。
3. Posted by 名無しさん   2020年07月23日 20:56
『本能に関わる本質的な欲求に関わる事項を人間という動物は克服する事は出来ないという事である。』とありますが、そうなれば万人の万人に対する闘争を肯定することと同じです。人間は理性によって性的欲求をコントロールすることで他者に加害行為を与えないことができ、また結婚していても子供を作らない選択をしている人がいる以上この理論は通らないと思います。
4. Posted by のらくら(管理人)   2020年07月24日 09:52
>>3
コメント、ご意見ありがとうございます。
私の独りよがりな反論異論に対して、客観的視点からご意見をくださるということに、まずは心からの感謝を述べさせていただきます。
人間が、どこまでが本能的動物で、どこまでが理性的な存在なのかということは、この記事の論理全体に関わる事項であるため、それに対する疑問というのは、確かに一理あると思うと同時に、議論を深めなければならない箇所であると認識しました。
確かに人間は理性によって他者への「加害的欲求」を抑えることが可能です。それこそがアリストテレスの言う「人間は社会的動物である」という言葉にも関わってくるのではないかと思う次第です。
しかし、それが殊、我々有存在による「生まれる前の存在」という無存在に対する道徳的配慮となると、これは完全に理性による本能的欲求の克服という事になります。果たしてこれが可能なのか。
確かに例を挙げてくださった通り、子供を作らない選択を行う人もいます。そういう選択をすることが出来る人もいる。これは事実であり、それは、思想的に筋を通した、立派な理性的な生き方であり、私はこの筋を通すという生き方が好きでありますから、彼らの選択は、尊敬すると同時に、尊重したいと思います。
文字数の関係から一旦途切れてしまいますが、続きます。
5. Posted by のらくら(管理人)   2020年07月24日 09:53
>>3
続きです。
しかしそれと同時に、「子供を作る」選択をする人もいる。私が真に問いたいのは、この「子供を作る」という行為に対して、思想的に道徳的善悪を問うことは出来るのか。
それが記事でも述べた「既存の人間のエゴイズムの尊重」という内容にも繋がるのですが、それが「本能的な欲求に関する事項を、人間という動物は克服することは出来ない」という考えに繋がるものであり、私自身は、この自由意志を否定すること、また人類が克服することはちょっと不可能なんじゃないかと考えています。
「子供を作らない」選択、「子供を作る」選択、私達の「反出生主義」に対する付き合い方は、完全に否定するでもなく肯定するでもなく、議論を行い、真面目に考えなければならない。これが私自身の立場であります。
ご意見に対する回答になっているかはわかりませんが、私自身の考えを述べさせていただくと、概ね上記のような内容になります。
重ね重ね、ご意見ありがとうございました。
6. Posted by 名無しさん   2020年08月01日 10:49
通りすがりの者です.興味深く拝読しました.
基本的にわたしは3コメさんと同意見です.

根本的なことですが,「感情論」を排すことはできない,という前提に立つのであれば,あらゆる議論は無効になる可能性があると思います.「わたしは生みたい,ゆえに尊重せよ」というなら,世に何も問う必要はないし,何も聞く必要がないでしょう.負の功利主義や無存在についてのこれまでの反出生主義者の議論にいくつか問題が見られることは既に指摘されておりわたしも同意しますが.

ブログ主が主張する理性優性主義へのアンチテーゼは,人間の本能が子孫を増やしたいということだから,それを尊重せよということでしょうか? これは典型的なnaturalistic fallacy,すなわちそうであることからそうであるべきということは導けないと思われ,少なくとも反出生主義者には論理的誤謬と考えられ説得力はないでしょう.我々はおそらく本能的に他を抹殺する欲望を持たされていることは歴史的にも明白ですが,これを受容すれば3コメさんが憂慮する事態になるのは論を俟たないと考えます.その後の生物としての定めという議論も同様です.

実践不可能性という段については,実践不可能であることと主張の正誤には何の関連もないと思います.

すでに存在している二人の男女の自由意志を尊重せよという段にも一応指摘しておきますが,反出生主義者は自由意志一般を否定しているのではなく,他者,つまり生まれてくる子を害する行為を許容できないといっているだけだと思われますので,ミスリーディングだと考えます.
7. Posted by のらくら(管理人)   2020年08月06日 04:11
>>6
ご意見ありがとうございます。極めて論理的な異論をくださり、まずは感謝申し上げます。
さて、私の意見を説明させて頂きますと、まず「感情論」云々の下りに関しては、そもそも「反出生主義」への反論が感情論的(単なる感情をぶつけるようなもの)になりがちであるという一般論を捉えた上で、この記事ではそのような「感情論」による「反出生主義」への反論は行わないとした上で、一方根本的な生物的な「快不快」の論理、つまり合理的であるということは「快」を求めることであり、厳密に言えばそれすら「感情論」になりかねないのだから、前提として「感情論」を排して人は物事を考える事は出来ないという私の意見を述べさせて頂いた下りになっております。つまり、「合理的」「論理的」であることと、「感情」という人間が生きる上での前提は相反しないという前提に立った上でのものでした。よって、私はまず曖昧に用いられがちな「感情論」を定義する事を行いたかったのですが、この点に関しては書き方に誤解があったかも知れません。申し訳ありません。
文字数の関係から一旦区切ります。
8. Posted by のらくら(管理人)   2020年08月06日 04:16
>>6
続きます。
さて第二のご意見、私が唱える理性優越主義へのアンチテーゼとは、「反出生主義」が理性的な視点を重んじているということ、いわば我々「有存在」が普遍的・根本的に持つ「欲求」を少し無視しすぎてているものなのではないかという事です。
つまり根本的に、「反出生主義」の「無存在への道徳的配慮」という主張に対して、同じく「有存在の欲求あるいは必要としての生殖行為への配慮」をも行うべきではというのが、私の考える大まかな反出生主義への異論の中心となります。
ただこれは、仰るとおり、人間の本能を重んじるあまりに、「そうであるのだからそうすべきである」的誤謬にもなりかねません。その点については、この記事の異論の不完全なところであると、素直に受け取らせて頂きました。
「感情」、「欲求」については、この記事の論理全体に関わってくる問題でありますから、もっと慎重に扱うべきであったかなと反省しております。

重ね重ねご意見ありがとうございました。つきましては頂いたご意見を元に、後日記事をリライトするかもしれません。その際には機会があればご覧いただき、またご意見をくださると幸いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ある人の死に際して。「死」について。感情の整理。【エッセイ】ど~でもい~であろう筆者の小説裏舞台話/ブンガク的な性癖ぶっちゃけ話