【カクヨム】落日の幻想帝国反出生主義に対するいくつかの異論・反論

2020年07月19日

ある人の死に際して。「死」について。感情の整理。

 この記事は、やや不安定になっていた自分の感情を整理するためのものである。誰に見てもらおうというつもりもない。ただ今の自分にとっての感情の表現手段が、このブログくらいしか無いので、ここに記すまでである。雑記極まる、感情の吐露である。おそらく追悼というものでは無いと思う。筆者なりに「死」を感じて、恐ろしくなったので、それを整理したいと想う。そんな記事である。

 筆者には「死」というものが分からない。死、死、死。これからも分かることはないだろう。分かってしまう時は、それは死ぬ時のような気がする。

 昨日ある人が亡くなった。自殺である。そのニュース自体について多くは語らない、語れない。というのも、筆者は世情に非常に疎く、その人のことを存じなかったからだ。名前も初めて聞いた。
 ただ、人が亡くなった。それも自殺と言う手段によって。それは、素直な気持ちとして、悲しいことだった。それと同時に、恐ろしくなった。わからなくなった。不安定になった。
 殊に自殺である。死というものは本人にとっても予期せざるものである。ただ本人にとって予期し得る死というのが、自殺である。自殺の背後には、とても本人にしか知り得ない、深い苦しみと悲しみがあったことだろう。
 正直、筆者自身、そのある人の自殺というニュースを耳にして、死というものに少し引っ張られた。それは無論その人のせいではない。死というものそのものが持つ威力ゆえである。

 筆者自身、うつ病によって死というものを考えたことが無いと言ったら嘘になるから、自殺という気持ちはどこか、薄っすらとだが、察しのようなものが付くところである。自殺というのは、とても生半な気持ちで選べる選択肢ではない。あくまで死という物を選ぶ、「きっかけ」そのものは単純に聞こえるかも知れない。だがその背後には、深い深い感情と理性のせめぎ合いと、誰にもわからない、常人が背負うには重すぎる苦しみの塊をいくつも背負っていて、ひどく辛いことがあったというのは、確かである。

 理屈抜きに、人の死を知るという事は、悲しいことである。ここで重要なのは、「知る」という事である。知らない死、今日も日本中、世界中の何処かで、この瞬間にも誰かが亡くなっている。それを筆者がいちいち認識して、思って、悲しんでいるのか?と問われれば、それは嘘になる。だがそれは誰にとってもそうだろうし、それは仕方がないことなのである。
 いつだったかどこかで書いたと思うが、人はみな、多かれ少なかれ範囲の決まった「近視眼的世界」に生きている。知らないことは認識できないし、つねに「全世界」を意識して、生きている人間などおそらくいない。人は無意識に人に役割と順位をつけて考えている。それは悪いことではない。生きていくための、必要な行為だ。
  ただ、筆者のように精神薄弱な人間は、なにかの形で「死」という事を耳にした時、その瞬間になって、認識しなかった全世界の「死」に、ものすごい申し訳無さを感じるのである。そして、「死」というなにかに、引っ張られるような気持ちがして、それが恐ろしくなる。

 すこし私的な話をする。死というものは、普段はどこか曖昧な、宙に浮いたものである。けれども誰かの「死」を知った時、それは突然、形を伴って、降りかかる。
 もうだいぶ前のことになるが、筆者の祖母が亡くなった事があった。死に目に立ち会えた。祖母の意識は殆どなかった。そして生が終わり、死があったということも、医療機器のピープ音と、医者の「ご臨終です」という言葉がなければ、分からなかった。けれども、目の前の「死」を認識した瞬間、その病室に「死」が立ち込めて、「死」の匂いがして、目の前で一つの「死」があったことが、心の中にすごく染み込んだ。
 だけれども、「死」とは何か。一人の人間の死に際に直接立ち会っても、少しも分からなかった。うつ病で死を考えて、死というものに精神的に瀕した時も、「死」というものの正体はわからなかった。

 そして今回のニュースでも、「死」があった。Twitterを始めてから、恐らく初めて立ち会う「死」のニュースである。拡散してタイムラインに流れていく、人々の感情の吐露の中で、わからない「死」の匂いが、筆者の心の中に立ち込めるようだった。それは恐ろしいことだった。わからないのに、わからないままに、「死」がある。

 人間にとって一番の恐怖は、「わからない」という事である。「わからない」事をわからないままにするのが、人間にとって一番の恐怖だから、何かいろいろな形で人間は「死」に説明をつけようとした。そして、それを信じようとした。理屈にしたかったのである。けれども、筆者の考える所では、やはり「死」は「死」であって、人間は、「死」を肉体的にも精神的にも克服することはきっと出来ない。
 「死」の瞬間とはなにか。眠る瞬間のようなものなのだろうか。それとも、その瞬間の断絶の直前に認識しうるものは、とても恐ろしい何かなのか。何がやって来るのだろうか。断絶なのか、永遠なのか、その後があるのか、無いのか、やはりわからない。

 メメント・モリという言葉がある。「死を想え」とう言う意味である。想う。わかる必要はない。ただ、「死」を想う。そうすべきだという言葉である。心の中に「死」を留めておいて、「死」に備える。「死」に向き合う。ただそれも、一歩間違えれば、「死」を「考える」事になって、考え始めればわからなくなって、恐ろしくなるのではないかと思う。

 人は「死」を克服することは出来ない。感情とか、理屈とか、形にして、いろいろな方法で整理をつける。そして忘れる。覚えつつ忘れる。正確には「死」というものを、忘れる。忘れるように出来ている。そうでなければ、恐ろしくなるからだ。
 ただ、忘れるということは、悲しい。筆者として、この感情が、考えが、何処かへ行ってしまうというのは、悲しい。
 メメント・モリ、あえて、ブログに記事に残すことで、形にすることで、筆者なりに死を想いたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 02:06│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【カクヨム】落日の幻想帝国反出生主義に対するいくつかの異論・反論