【CDレビュー】大槻ケンヂとめぐろ川たんていじむしょ,大槻ケンヂと絶望少女達「愛がゆえゆえ/あれから(絶望少女達2020) 」~「かくしごと」新世代と、帰ってきた絶望少女達~【Wikipediaおもしろ記事紹介】アポロ計画陰謀論

2020年07月04日

【音楽レビュー】ジョン・レノン「imagine/イマジン」についての一考察 ~単なる夢想主義なのか?~

理想主義と現実主義が交差する名曲、ジョン・レノン「イマジン」一考察



 ●ジョン・レノン「イマジン」の思い出
 ジョン・レノンの名曲「イマジン」。この曲は筆者が中学生時代の頃、英語の先生に授業内で紹介され、歌詞の文法上の説明から始まり、少々英語の授業の内容から外れて、先生独自の「イマジン」論を展開された思い出がある。大多数の生徒は世代を離れた曲の紹介に少々退屈そうだったものの、当時ビートルズをかじっていた筆者は、ジョン・レノンの名曲として知っていたので、興味深くその話を聞いていたものである。
 さて、この記事では、当時の英語の先生に習い、それを思い出してたどりつつ、筆者自身の「イマジン」論を展開してみたい。


●現実主義と理想主義の交差、イマジン(imagine)

 ジョン・レノンのイマジンの歌詞は、ジョン・レノン自身をして「You may say I'm a dreamer…(君は僕を夢想家だと言うかもしれないけど…」としているように、国など無く、戦争もなく、人類みな兄弟であるという確かに夢想的な理想主義が展開されている。しかし、それと同時に、曲の書き出しから始まるように、「Imagine there's no Heaven(想像してごらん、天国など無く…)」そして「No Hell below us(僕らの下には地獄もない)」さらに、「Above us only sky (僕らの上にはただ空があるだけ)」と、ジョン・レノンが生きるであろう西欧社会の、キリスト教的世界観をはっきりと否定する、いわば現世主義的、現実主義的な価値観も並列しているのだ。
 「Imagine there's no countries (想像してごらん、国家など存在しないのだと)」「And no religion too (そして宗教もない。)」という様に、国家という概念と、宗教を同時に否定しているのだ。この様に、イマジンは単なる理想主義的なアナーキー論ではなく、痛烈な社会否定に終始している。いわば痛烈なまでの現実主義と理想主義の交差がなされた曲なのだ。
 このような現実主義と理想主義の交差からは何が読み取れるか。それは壮大な理想を目指すならば、現実をはっきりと認識しなければならないということを、ジョン・レノンははっきりと思考し、歌詞に起こしているのである。ジョン・レノンはただお花畑のような楽園を夢見る単なる「dreamer」ではなく、天国も地獄もない、そんな現世主義的世界観において、更に現段階の現世をも批判するのだ。夢想家どころか、極めて厳しい立場において悟りの境地を目指す、まるでブッダの説いた世界観のようではないか。
 ジョン・レノンがイマジンを歌った70年代は、ベトナム反戦運動が色濃い時代であった。それと同時にヒッピームーブメントの台頭のような、ややお花畑的にすぎるような理想主義的な論も展開された。
 しかしジョン・レノンの理想主義はひと味もふた味も違う。ジョン・レノンの反戦のメッセージは、安易に今行われている戦争の否定のみならず、究極的に戦争が無くなるために、私有財産を否定し世界を分かち合う事を目的とする。飢えて欲張り奪い合う戦争が無くなるためには、国が無くならなくてはならない。国がないためには、宗教が無くならなくてはならない。宗教が無くなるためには、人々が天国とか、地獄とか、安易な救いの手段を捨てなければならない。理想主義を極めて理路整然と語っているのだ。これが革命的でかつ衝撃的な曲でないと一体誰が言えるであろう。

イマジン (2010 Digital Remaster)
EMI UK Beatles
2010-10-04




このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 17:14│Comments(0)音楽レビュー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【CDレビュー】大槻ケンヂとめぐろ川たんていじむしょ,大槻ケンヂと絶望少女達「愛がゆえゆえ/あれから(絶望少女達2020) 」~「かくしごと」新世代と、帰ってきた絶望少女達~【Wikipediaおもしろ記事紹介】アポロ計画陰謀論