【小説家になろう】短編小説「お月さま」投稿しました。【「再発見」される「普遍性」】「社会的普遍性」の忘却と再発見 ~普遍性の重要性~

2020年07月03日

【小説の書き方】準備段階からしっかり始める小説の書き初め方~どのようにアイデアを文字に起こすか~

まずは詩のような形から。そしてプロットをしっかりと組み上げ、書いてみよう。


 「小説家になろう」にて、短い短編だが、久々に小説というものを書いてみた。大学時代に小説を書いていた事はあったのだが、ここのところめっきり小説というものを書かなくなってしまっていた。文を書くこと自体は大好きなのだが、小説となると、どうしても書く前に重い腰を上げなければならないような、そんな気持ちがあるのである。雑記や散文ではなく、小説というきちんとした形のものを仕上げるとなると、それなりの覚悟のようなものが必要になってしまうのだ。もっとも、これも書くことを重ねることによっていくらかは解消されるのだろうが・・・。
 
 さて、筆者の悩みをつらつらと書いてしまったが、本記事の主題として、筆者は大学時代、一応小説を書く講義を受けていた。そんな小説家の端くれの端くれとして、自分が今まで学んだ小説の書き方、また自分の苦手なストーリーの組み立て方などを解説してみたい。


その1 まずは詩のような形から


 小説を書くにあたって、頭の中にあるイメージをいきなり実際に小説として文に起こすのではなく、まずは準備体操のような形として、イメージの概観を詩とか簡単な歌詞のような形に起こしてみるのが良い。これはとあるエッセイから学ばせていただいたことなのだが、とにかくイメージを文に起こして形にすることによって、自分の中でより具体的なイメージとなって形作られる。それもまずは単語をならべた詩のような形で、整合性やとりとめがなくても良いし、まずはイメージをイメージのまま書き綴ってみることが、頭の中のイメージを実際に作品として形作る第一歩になるというのだ。実際、頭のなかのイメージとか、考えたことをそのまま文章にするということは、これが意外と難しいのである。そのため、いくらかの準備を経て、書きたい小説のイメージを固めて行くことが重要となる。


その2 プロットはしっかりと


 さて、イメージを詩にするということによって、イメージをいくらか形作る事が出来たのなら、次はいよいよ実際に小説のプロットを書き始める段階だ。小説のプロットというものは、小説の骨格のようなもので、極めて重要である。この前段階でイメージを詩のようなものにする過程をしっかりと行うことによっていくらか書きたい小説の概観のようなものが出来たであろうから、これからはそれにより具体性をもたせる段階である。 具体的にプロットとして重要なのは、まずは小説全体のテーマをはっきりさせてみることである。なぜテーマが重要なのか? 小説を書くにあたって、何千文字何万文字を費やして、明確に読者に伝えたいイメージがないのでは、ただダラダラと続く文章になってしまう。そのため作品の明確なテーマを、これは例えば「愛」とか「冒険」といった単語ではなく、「身分の格差による非恋とその別れ」とか「冒険を通じて少年が、少年から青年へと移り変わる」とか、より具体的な文章にしたほうが良い。一貫し、かつはっきりと明確なテーマをもった小説は、書き手が何を伝えたいのかという事が、読者に伝わってくる。それだけでも、退屈でダラダラとした文章になってしまうのではなく、何かを伝えたい文章として進化することが出来るのである。
 次にテーマがはっきりと決まったのならば自ずとそれも決まってくることであろうが、書きたい小説の舞台、時代設定やどんな場所で展開される小説なのかという舞台の情報をこの段階できちんと設定しておいたほうが良い。例えば現代社会のとある街にて展開されるとか、あるいはファンタジー世界の物語であるのならば、それはどんな世界で、物語が展開するに当たってどんな時代や場所の背景があるのかということをこの段階で明確にしておいたほうが良い。舞台とはまさに文字通り、小説の物語が展開されるうえで、その足元にある舞台の設定なのだから、具体的なイメージとしてプロットに文に起こしてまとめておいたほうが、書き勧めるにあたって、よりスムーズに文が進むであろう。
 次に登場人物の情報と設定である。これも、考えられる限り詳細に書いたほうが良い。中には、作中で実際に使われる設定だけでなく、裏設定としてその人物がどんな趣向をもっていて、どんなものに憧れていて、もちろん名前はなんであるかとか、何歳なのかとか、外見などはどうかということも出来るだけはっきりとさせておくのである。そうすることで、小説の人物がはっきりとした一人の人間として、より小説を書くにあたって、登場人物が自然に動いてくれるということがある。特に、主人公の設定ははっきりと、そしていくらか意図的に読者を意識して魅力的、特徴的であるように意識したほうが良い。もちろん魅力的といっても正の方向の魅力に縛られず、こんな欠点があって、こんな事に悩んでいるダメ人間であるとかもちろんそんな主人公もアリだ。重要なのは、物語の中核をなす主人公が、筆者の中で特に具体的な人物として確立された上で、小説を書き始めることである。

その3 プロットストーリー編


 ここまで様々な設定を固めてきたら、いよいよ考えていたストーリーを具体的にまとめだす段階である。まずはあらすじのような形で、自分の小説が書き上がった状態をイメージしながら、全体の概略を書くのである。この時すでに、どんな起承転結を迎えるかという形ははっきりとさせていおいたほうが良い。より具体的にするために、起承転結の起、承、転、結、ごとに書いてみるのもいいだろう。もちろん短編小説であれば、それがそのまま全体の構成となるし、連載小説の一話であるとか、いくらかの章に別れた長編小説だとしても、一話ごと、章ごとに起承転結を意識したほうが良い。
 あらすじが出来上がり、次はいよいよ本文に手を付けだす段階だ。


その4 本文を書く ~「書き出し」の難しさ~


 さて、本文を書くにあたって、まず書き始めるの一文に悩んでしまうという方もいるのではないだろうか。実際小説の書き出しというものは、小説の顔である。極力完成度は高いほうが良いし、理想を言うなら書き出しを見ただけで読者がグッと物語に惹き込まれるような書き出しを意識したほうが良いだろう。ただしこれは言うまでもなく、かなり難易度が高い。筆者も大学時代に小説家の講師の方から講義を受けたことがあるが、プロの小説家であっても、小説の書き出しほど悩むものはないと仰っていた。それほど、魅力的な書き出しというものは、小説家にとって悩むものなのである。というか、起承転結の起の時点で、理想を言うなら、その後の物語の雰囲気がうっすらと把握できるような書き出しとか、最後まで読んで初めて意味がわかる書き出しであるとか、色々な技巧を含むことが出来るがゆえに、書き出しは難しいのである。どうしても書き出しの一文が難しいのならば、とりあえず暫定的に書き始めて、書き出しは書いているうち、あるいは小説を完成させた後にあらためて考えるというのもおすすめである。
 さて、書き出しが特別難しいという事は述べたが、前段階でしっかりとしたプロットを組み立てることが出来ていたのならば、それ以降ストーリーを書き勧める事は比較的スラスラと出来るのではないだろうか。逆に言えば、ストーリーという大枠において、書くのに詰まってしまうというのは、プロットの作り込みが不足しているという事だろう。そういう時は、もう一度プロットを振り返ってみて、書き詰まってしまった場所についてのストーリーを、もう一度考えてみよう。

終わりに


 この記事では、とにかく小説の骨格であるプロットをきちんと組み立てるという事を重視している。というのも、これは人それぞれであろうが、筆者のような人間には特に、きちんとした設計図がなければ、書くのに詰まってしまうので、準備段階としてのプロットを重視するのである。
 さて締めくくりとして、この記事を最後まで読んでくれた方に感謝を述べさせていただくと同時に、小説をかじっている人間としてこれまで学んできたことをまとめてみたこの記事が、小説を書くのに悩む人の少しでも助けになる事が出来たのなら、幸いである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
voiceofdrone at 15:10│Comments(0)小説 | エッセイ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【小説家になろう】短編小説「お月さま」投稿しました。【「再発見」される「普遍性」】「社会的普遍性」の忘却と再発見 ~普遍性の重要性~